小さな顔になって少しでも自分の見た目を改善しよう

理想のフェイスラインへ

サロン

顔の大きさを決める要素

小顔になりたい、そんな願いを叶える画期的な方法の一つとして美容外科クリニックの施術が挙げられます。ボトックス注射や脂肪溶解注射、エラ削りなど美容クリニックでは様々な小顔施術が取り扱われているのです。なぜ小顔施術には色々な種類があるのか、その理由は顔の大きさを決める要素の違いにあります。顔の大きさは、土台である骨の形状と表情筋、そして脂肪量やむくみの有無などによって左右されているのです。骨そのものが大きくない場合でも、顎周りの表情筋が固く張り出していれば顔の横幅は広くなってしまいます。脂肪が多くついていたり、むくみが生じたりしている場合は、顔全体が大きく見えてしまうでしょう。顎の骨が目立ちエラが張っている場合には、美容整形によるエラ削りが効果をもたらすでしょう。表情筋による影響が大きい場合には、ボトックス注射が適しているといえます。それぞれの要因に合わせた美容施術を受けることで、顔が大きくみえてしまう原因を取り除き、理想的な小顔を作ることがきるのです。
美容クリニックで行われている小顔施術には、どういった効果があるのでしょうか。まずボトックス注射の場合、表情筋を柔らかくする作用を持つことから、咬筋によって生じたエラを緩和する効果が期待できます。歯を食いしばる癖や強く噛む習慣などによって、咬筋が過度に緊張していると、エラ部分が強調された形となってしまいます。その咬筋をボトックス注射によって緩め、なだらかに変化させると、顔の横幅を狭くすることが可能なのです。エラ削りは、筋肉の下にある顎の骨そのものを削り形を変化させる施術です。外科手術によって骨そのものの形を変えるため、永続的に小顔効果を得ることができます。脂肪溶解注射は顔周りだけでなく太ももや腰回りなどにも適用される部分痩せ施術です。脂肪細胞を溶かして排出を促すというものであり、リバウンドが起きにくいといった特徴を持っています。美容クリニックではこれらの他にも、レーザーによってたるみを引き締める小顔施術や、脂肪吸引など様々な手法が取り扱われています。

Copyright© 2019 小さな顔になって少しでも自分の見た目を改善しよう All Rights Reserved.