小さな顔になって少しでも自分の見た目を改善しよう

骨格レベルで小さい顔へ

医者

骨を削る美容整形

顔が大きく見える原因として、エラやアゴ、頬骨といった骨が大きく発達しているというケースが挙げられます。骨格自体が大きいのでマッサージやダイエットをしても、顔を小さくすることはできず悩む人も多いようです。骨が大きく発達している人が美容整形で小顔を目指すという場合は、骨を削るという大掛かりな手術を行うことになります。一般的に「骨切り術」と言われる美容整形でエラやアゴ、頬骨を切ったり削ったりするなどして、大幅に顔の輪郭を変えることができるのが特徴です。骨自体を小さくするので絶大な小顔効果を持つ骨切り術ですが、骨を切ったり削るという手術を行うので術後には腫れや痛みといった症状が現れます。美容整形はメスを使わないプチ整形であっても術後、腫れや痛みなどの症状が出るダウンタイム期間があるのですが、骨桐術の場合はこの期間が長めです。個人差はあるものの3週間から4週間程は強い腫れや痛みが続くと言われており、話しにくい・食べられないなど日常生活にも支障をきたします。長く症状が続くので仕事をしている人が骨切り術を受けるという場合、できるだけ長めにお休みできるよう調整すると良いでしょう。
「骨切り術」は文字通り顔の骨を切ったり削ることによって、骨格レベルで小顔になれるという美容整形です。骨を着る・削るという手術はとても難易度の高いものですが、大きく顔のサイズを小さくできる・効果が半永久的に続くなどのメリットもあります。小顔になるための骨切り術ではエラ・アゴ・頬骨といった部位の骨を、切ったり削って輪郭を整えるのが一般的です。エラを小さくする美容整形は「エラ削り」と言われることが多く、エラの骨部分だけでなく場合によっては筋肉組織も同時に切除してサイズを小さくしていきます。アゴが長い・しゃくれているといった悩みを解消したい場合は、「水平骨切り術」や「アゴ削り術」が用いられます。水平骨切り術はアゴの骨を水平にカットし、中間部分を取り除いた後に先端部分を固定するという美容整形です。アゴ削り術はアゴの骨の両側面を削り落とすことで、顔を小さくする効果の他に輪郭をキレイに整える効果を発揮します。頬骨が大きく発達していたり、前に突き出していると顔全体が大きく見えるのでやはり切ったり削ってサイズを小さくします。

Copyright© 2019 小さな顔になって少しでも自分の見た目を改善しよう All Rights Reserved.